これで万全!元エージェントが贈る苦手な職務経歴書を得意にする方法!

転職
スポンサーリンク

今回の記事は転職で多くの方が苦手、面倒くさいという内容についてです。

これまでものすごく多くの方の転職をサポートする中で、毎日のように職務経歴書の添削をしてきました。

その経験から、希望の企業からの内定をゲットするために必要なポイントを元エージェントの視点から大公開しちゃいます!

転職を考えている方、まさに活動中という方のぶつかる壁をぶち壊して差し上げます!

在職中の方には探す手間を省けるオススメテンプレートもご紹介!

履歴書はいいけど職務経歴書の作成が苦手

このパターンの人はかなり多いはずです。

履歴書はその名の通り、自分の学歴や職歴を時系列に並べる簡素な書類に対して、

職務経歴書はこれから活躍してくれる人かどうかを見るための重要な書類です。

現在在籍している、もしくは過去に在籍していた企業での仕事内容を詳しく、でも簡潔に伝わるように書かなければいけません。

企業がこの実績や保有しているスキルを見て採用するかどうかを判断する重要なものです。

大体の企業が「書式自由」とありますが、これが中々の曲者ですよね〜。

自作で作るのが得意な方は良いのですが、そうではない人はどういうのがいいんだろう・・・

と迷ってしまうと思います。

私も人材業界の前はだいぶ悩みました。

元エージェントのオススメのテンプレート

今はたくさんのテンプレートがネット上にあふれていますよね。

私もエージェントとして様々なフォーマットの職務経歴書をみてきました。

  • 「編年体形式」→古い方から職歴を書いていく
  • 「逆編年体形式」→新しい方から職歴を書いていく
  • 「キャリア形式」→キャリアの内容別に書いていく

どこをアピールするかによって様々な中から選ぶ事ができます。

私がオススメするテンプレートは、

dodaさんのHPからダウンロードできる職務経歴書です。

上記の形式全てに対応しており、お好きな形式を選ぶことができます。

また途中での部署異動や職務内容の変化などにも表の追加で簡単に対応することができます。

・適切なフォーマットの選び方

経験社数が少ない場合は編年体形式を、社数が多い場合は逆編年体形式を選ぶことをオススメします。

やはり「直近の部分をフォーカス」して新しいところでどう活かすかをポイントに書くのがベストです。

そこまでどう成長してきたかを社数によって形式を選ぶとストーリーを相手に見せることができます。

そう、職務経歴書はあなたの成長ストーリーなんです。

職務経歴書は「あなたが段々と成長してきたストーリー」を綴るもの

・冒頭の「職歴概要」の書き方

書き方としてはまず冒頭で「職歴概要」として、現在に至るまでの簡略した職歴を書きます。記載例としては

  • 大学卒業後、株式会社〇〇にて●●という業務に従事しました。
  • その後△△株式会社にて▲▲という業務に従事しました。
  • その中で■■や□□の技術を身につけてまいりました
と言った具合です。

ポイントは「なんという会社にいて」→「どんな業務内容で」→これを経験社数で繰り返し、最後に「どんなスキルを身につけたか」を短くまとめる事です。

・職歴詳細の書き方

そこから「職歴詳細」を書いていくわけですね。

形式はWardで枠で囲まれているのですが、まずここで必ず記載したいのは、

  • 企業名
  • 設立年
  • 売上高(直近)
  • 従業員数
  • 上場区分
  • 業務内容

これらを表の上に据えましょう。

 

部署・役職を枠の枠内上部に記載し、メインの部分には文章よりも営業職であれば

  • 担当エリア
  • 取扱製品
  • 年度毎の実績(数字で明確に)
  • 達成率
  • 表彰内容
  • 獲得(保有)スキル

これらをわかりやすく並べましょう。

これを自分の中で棚卸して整理して書くことで、あとの自己PRがとても書きやすくなるのです。

特に順位の出るもので上位を記録したり、社内で何か表彰されたりしたことは大きなアピールポイントとなりますので、忘れずに記載してくださいね。

退職の理由はここでは書かなくて大丈夫です。

面接で聞かれると思うので、ここではアピール材料を敷き詰めるつもりで書いていきましょう。

PR

自分自身をプレゼンするように書く

魅力的な自己PRで希望企業から内定ゲット!

ここまでで、職歴をまとめることができたと思います。

そのあとは「保有資格」を記載することを忘れないでくださいね。

何もなくても自動車の免許は書きましょう。

結構間違えている人が多いのですが、

正式名称は「普通自動車第一種運転免許」です。

その後ろに取得年月もお忘れなく記載してくださいね。

・自己PRの書き方

さて、いよいよ自己PRですが書き方のパターンとしては

「フリーライティング」「見出し書き」の2つに大別できます。

前者は量が多く書けるのが利点ですが、読む側のことを考えて改行や句読点を使わないと見る気をなくさせてしまいますので注意してくださいね。

ですので私は見出し書きのほうをオススメします。

見出し書きの方は、まず

①見出しとなるスキルを太字・下線で書き

②どういう業務を経験してそんな実績が出たのか

③応募する企業の業務内容にどんな活用ができるか

ということを紐付けましょう。

それを3つから5つくらい書くとボリューム的にも良いと思います。

・当たり前のことはあえて書かない

ここで注意いただきたいのが、

PRに「対人折衝力」や「コミュニケーション能力」は書かない

というのも社会人として最低限持っていて欲しいと人事部は思うからです。

具体的に人より努力した点、それによってどのくらい実績に影響した、と言ったように

具体的に「入社後のイメージ」を持たせるのが自己PRの本当の目的です

ただ自分でいいと思う点を書き並べても、応募企業の業務とリンクしなければただの自己満足になってしまうのでご注意くださいね。

苦手を克服して得意にしてしまう「見出し書き」

エージェント視点での解決方法をここでお伝えしていきます。

まず

自己PRはA4で1ページ丸ごと書く必要はありません。

長すぎると嘘っぽく見えることもあったりするので、半分でも内容が伝われば十分です。

見出し書きをマスターすると今まで苦手だった職務経歴書が得意になって、自らブラッシュアップがとてもしやすいんです!

エージェントとしての私からしてもブラッシュアップしやすかったのはこの「見出し書き」の方でした。

「この人もっとここをアピールした方がいい!」

と私の案で書いて本人に見てもらってというやりとりをしながら

最高の状態に仕上げていくのがとても楽しいプロセスでした。

一回一通り作ってみて全体の構成を決めて、細部を微調整しながらじっくり作りましょう。

なのでブラックな環境で時間が取れない!という人は

すぐにでも辞めて職務経歴書を書くのに大切な時間を使いましょう。

書類書き

じっくり描ける時間を作りましょう

あなたなら絶対できる!

職務経歴書はポイントをしっかり押さえれば強力なあなたのアピールツールになります。

上記のポイントを踏まえて競合から1歩2歩抜きんでたアピールをぶちかましていきましょう。

一旦全体の構成が整えば企業ごとに表現を少し変えるだけでよくなります。

あなたの魅力ですから大幅に変える必要はないんです。

他業種でも実績や達成率は見ればひびきますし、

アピールポイントだって職種が同じならば少しのアレンジ程度で良いと思います。

定期的に見直して見て随時アップデートしていければ尚良しですね!

 

あなたの魅力が採用担当者に共鳴の鐘を鳴らすことを心から応援しています!

Kazutomo

コメント

タイトルとURLをコピーしました