転職を成功させたいなら!ブランク恐れるよりブラックを抜け出せ!

転職
スポンサーリンク

今回はタイトルの通り、今ブラックな労働環境や人間関係に悩んでいる方。

今回はそんなあなたに勇気を持って行動できる内容をお伝えしたいと思います。

ブラック環境は思考まで疲弊させます

ブラック環境があなたの感覚を麻痺させていませんか?

法をすり抜けるブラックが増加

残業の常態化、上司の恫喝や人格否定、有給が取得できない、休日にも連絡がくるなど明らかなブラック環境はいうまでもないですが、

最近は「違った形のブラック環境」が増えているのをご存知ですか?

私自身も過去にこう言った企業にいた事がありまして、その実例と共にお伝えしますので1日も早く時間を作るための脱出を図りましょう。

例えばあなたの会社はこんな例に当てはまりませんか?

  • 外回りの時間が長すぎて見積もりや社内業務がでいるのが終業時間が過ぎてから。
  • 社内ルールが複雑&多すぎて本来の仕事ができない(読書の強制、日報、全体メールへの報告ごとなど)
  • 役職者の思いつきでの配置転換

などなど。

これらは一見ブラックには見えませんが、全て社員の自由を奪い、肉体的にも精神的にも疲弊するブラックな環境です。

私もこんな環境の中毎日2時間近く定時から残業をしていました。

転職活動をしようにも時間も取れず、面接にいく時間すらありませんでした。

昔から言われるブラックとはちょっと質が違うので、だんだん麻痺してきてしまうのです。

世間一般とは違う角度のため、感覚が知らずに麻痺する

こう言ったタイプのブラックが最近は多くなり、1年やれても3年もたないという事例が多く見られていることをご存知でしたでしょうか?

せっかく働いたのにスキルが何も身に付かず、経歴も短いとなると転職でデメリットにみられないかと怖くなってしまいます。

あからさまなブラックだと労働基準監督署が入ってくるので、ブラック企業側も刻々と変化しています。

あなたの職場は大丈夫ですか?

今一度社内業務について客観的に見つめてみてください。

上記に当てはまる、もしくはその他の無理難題でどうしても残業しないといけない社風であれば早く気付いて行動に移すべきと私は思います。

あなたは会社の奴隷じゃない!人生はあなたのもの!

仕事は人生に影響を与える。楽しくなければ続かない

冒頭のような完全ブラックな環境は、心身に異常をきたすだけなく自分の性格まで変えてしまいます。

私たちは「仕事」をするわけであって「修行」をするわけではありません。

そしてそれに見合った対価ではない、残業代が出ない。もはや扱いは奴隷です。

あなたは会社の奴隷ではありません。社員なんです。

その社員を大切にしない企業がお客様を大切にするわけがなく、結果、企業の成長もありません。

サインをいち早く感知して区切りをつける

こう言った企業は早々に見切りを付けるべきです。あなたが体調や心を壊してしまう前に。

何か見えないものに追われる恐怖を感じたらそれがサインです。

私もそのサインを察知して先に会社をやめて時間を作る事を決めました。

安心してください。

多少のブランクはブラック環境を理由に苦肉の策だったと伝える事で人事担当者に伝わります。

逆に伝わらない企業は同じような社風である可能性が高いと思ってください。

疲れた

はぁ〜疲れたなぁ・・・」

広げよう!輝ける舞台は視界の外にある!

人生の舵を切るのは今!

企業の中で働いていると、どうしても視野が閉鎖的になってしまいます。

私もそうでした、これが普通なのかと。でも・・・

そんな劣悪な環境では成長したとしても「成長し続ける」ことはできません。

あなたが輝ける舞台は、気づかない今のあなたの視界の外にあります。

それにいち早く気付いて人生の舵を正しい方に切ってもらいたいとこの記事を書いています。

私も優先順位を決めて「先に会社を辞めて時間を作る」→「じっくりと転職活動をする」事を実践して落ち着いて転職先を探す事ができました。

心身ともに健康で初めて確実な活動ができる

前述の通り私もブラックな環境で働いていた経験があります。

感覚が麻痺していることにも気付かずにいましたが、目を覚まさせてくれたのは家族や友人でした。

それで初めてこの環境は異常なんだと気づくことができました。

あの時助言がなかったっら、きっと心身ともにボロボロになっていたでしょう。

あなたにはそうなって欲しくありません。

そうなる前に舞台を変えて、生き生きと働くことのできる環境についてもらいたい、心からそう願っています。

そのための準備をできるだけしておいてスパッとブラックから抜け出しましょう。

脱出

さぁ!脱出の準備です!

ブランクが開くことを恐れるな!

働きながらの活動は「マルチタスク」とは意味が違う

ブラックな環境で働いていると、長時間の拘束や心身の疲れで中々転職活動の時間が取れないという方もいるでしょう。

でもですよ?なぜ働きながら活動する選択肢を選ぶのでしょうか?

もちろん収入が途切れることに不安を感じるというのが正直なところだと思います。

でも身体や心を壊したら結局一緒です。

働きながら転職活動をという考えはあなたにとっても危険が伴いますのでこの際捨てましょう。

元転職エージェントの助言として、転職はその後の人生に影響する大事なことです。

しっかり腰を据えて比較検討していかないとまた同じような企業に入ってしまう恐れがあります。

情報とエージェントの有効活用

今はネットでの口コミサイトもたくさんあり、入社前に情報をたくさん得ることができます。

またエージェントを利用すれば、今の不満を聞いて払拭してくれる企業を紹介してくれます。

良いエージェントを見つける方法は以前の記事「あなたの転職を成功に導くエージェント!見つけるポイント5選!」を是非ご参照ください!

先に退職してブランク期間が発生したとしても、大切なのは

「ブランクの理由をしっかり説明できること」

なんです。

前職の悪口にならないように、この転職にかけているためにあえて先に退職して腰を据えて失敗しない転職活動をしていると。

胸を張って伝えてください。

仕事を辞めてから転職活動をすることは決して悪いことではありません。

私はむしろメリットの方が大きかったと思っています。

ブランク期間活用法(体験談)

前述の通り、私自身も先に会社を辞めてフリーになってから転職活動をした経験があります。

3ヶ月の待機期間を経れば失業手当が支給されます。

「失業手当」って聞くとネガティブに聞こえますが、これは「あなたが勤務中に支払った雇用保険」なのです。

ちゃーんとこう言った制度があるわけですし、支払ってきたものなのだから受け取る正当な権利があります。

ですから給与収入に拘らずに手当てを受け取りながら落ち着いて活動しましょう。

心に余裕がないと正しい転職活動もできないんですよ。焦って時間のない中で転職決めて失敗→転職スパイラル、ということだけは避けたいところです。

あなたの大切な1日1日、それを輝ける場所で過ごせるようブラックな環境はサッサと捨てましょう。

これを強く伝えたいと思います。人生に多少のブランクはあって損はありません。

ゆっくり物事を考えることができる環境づくり、それが成功する転職への第1歩です。

長い人生で少しくらいゆっくり考える時間があったっていいじゃないですか。

私はそのブランク期間は人生の財産だったと思います。

失敗どころかメリットしかありませんでした。

あなたがキラキラと輝いてイキイキと働けることを心から応援しています。

今まさに悩んでいたら是非コメント欄に相談いただければ力になりたいと思います。

あなたは一人ではありません。

周りにたくさんの仲間がいます。頼っていいんです。必ず成功させましょう。

まとめ

  • 転職活動の時間が取れるかを冷静に考える
  • 面接にいく事ができるかを冷静に考える
  • ブランクが開く事を恐れていないかを冷静に考える
  • 同じような失敗をしたくないかを冷静に考える。
  • ブランク期間は充電時間であり、冷静に人生を見つめる貴重な財産

ブランクというものの見え方が変わって、あなたが重要な1歩を踏み出すためのお力添えができれば私も嬉しいです。

同じ経験者としてブランクを恐れるより先に「ブラックな環境を抜け出す」事を始めていきましょう。

いつも応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました