" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

転職活動で重要なのは「何社と会ったか」。何社受けたかじゃない。

転職活動ってみんな何社くらい受けてるの・・・❓
もう何十社受けたかわからない・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、転職活動では一体「何社くらい受ければ良いのか❓」。

この考え自体が間違っていること、正しい向き合い方について解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、転職活動の「真の目的」。

これが何なのか?を理解できて知らない自分と出会えます。

 

 

この記事の内容

  • 転職活動で重要なのは「何社と会ったか」。何社受けたかじゃない。
  • 転職で重要なのは何社で終わらすかではなく「何社と会うか」な理由
  • 転職で何社もの会社と会う事でわかるあなたの「真の希望」
  • 転職活動で何社もの「個性」を見る目。養えば見えてくる「真の希望」

 

 

転職活動で重要なのは「何社と会ったか」。何社受けたかじゃない。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動では何社くらい受けるものなのか❓

気になるところではないでしょうか❓

 

今回はこの考え方の危険性について解説します。

 

 

まず結論から❗️

この考え方は根本的から覆しましょう。

 

転職活動では

ポイント

いかに「多くの会社」と話すか❓

 

この考えを持つ人が制します。

 

転職活動って普通には話せない人事や役職者、経営者と話す「大きなチャンス」と捉えましょう。

「受かる」ことを目的にすると「成長」につながるかを見失ってしまいます。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職活動で重要な「情報の比較」。上級者は情報で「新情報」を得る。

 

 

転職で重要なのは何社で終わらすかではなく「何社と会うか」な理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

自分が取材記者になったつもりで「インタビューしにいく。」

この感覚がとても大事です。

 

より多くの会社にインタビューをすることで

ポイント

自分の中に「情報」が蓄積されていきます。

 

転職活動は「情報戦」ですから、その量が多ければ多いほど比較検討の材料が増えますし何より

ポイント

自分でも気付かなかった「可能性」と出会うチャンスでもあります。

 

 

また何社も同時に受けるとなると在職中の方は特に

ポイント

「スケジューリング」と「体調管理能力」。

これが大きく養われます。

 

それは仕事をしていく上で最も重要な前提の能力です。

 

体調に支障が出ないように、きっちりスケジュールを整理して多くの企業と会う。

この事があなたにどんなメリットをもたらすと思いますか❓

 

営業職の方ならピンとくるものがあるかもしれません。

次の項目で解説しますね。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職活動がしんどい!「自由な時間」と「幸福度」を高める転職の方法

 

 

転職で何社もの会社と会う事でわかるあなたの「真の希望」

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

多くの会社を受けるメリット

  1. 会社の「カルチャー」の違いを知る
  2. 経験を活かした「新たな道」を知る
  3. 自分の「理想の将来像」を知る

 

順に説明しますね。

 

1.会社の「カルチャー」の違いを知る

1社しか受けていなかったら、わからない他の会社の風土

 

より多くの会社と会うことで

ポイント

自分に合った「会社のカルチャー」知ることができます。

 

  • ガチガチにシステマチックが良いのか❓
  • 自由裁量をもって取り組めるのが良いのか❓
  • 肩書きで呼ばず「さん」づけで呼ぶ社風❓
  • 積極的に新しい働き方を柔軟に取り入れている❓

などなど。

 

あなたが望むのは会社規模ではないはずです。

 

腰を据えて長く勤めていくために、心の奥底で望んでいるのはどんな会社文化(カルチャー)なのか❓

それを知ることになり、それを基準の一つに加える事が離職率の低い転職を成功させるポイントになるんです❗️

 

 

2.経験を活かした「新たな道」を知る

「今まで営業をやってきたし今後も営業で探そう。」

そう思って転職活動をして内定が出て終了してしまう。

 

そんなパターンがほとんどです。

これ非常にもったいない❗️

 

 

より多くの会社と出会う事で

ポイント

経験を活かした「新たな道」を発見。

転職活動中にこれを知る事ができたら超ラッキーです。

 

ラッキーと言うと確率が低いみたいな聞こえ方ですけど

ポイント

出会う分母が多くなれば、必然的に見えてくる確率はグンと高まります。

 

今までの延長線上の「横スライド転職」ではなく

ポイント

今までの経験にプラスオンしていく「縦ステップ転職」を目指してください。

 

 

3.自分の「理想の将来像」を知る

転職活動は手間も時間もかかるので早く終わらせたい。

そう思いますよね❓

 

ポイント

しかしその活動中に出会う人があなたの「運命を変えるキーマン」になるかもしれません。

 

私が「結果的に」エージェントデビューした会社は、当初入るつもりはあまりありませんでした。

 

しかしそこで1次面接で出てきた人物との出会いで運命が変わりました。

 

それがなかったら今こうして情報発信をすることもなかったでしょう。

 

  • 何のために転職をするのか❓
  • 転職した先でどうなりたいのか❓
  • 将来どんな姿になっていたいのか❓

 

自分が希望するのはもちろんですが

注意

「この人のもとで働きたい❗️」

そう思える人物との出会いは人生でそうそうあるものではありません。

 

あなたの人生観すら変えてしまう。

そんな出会いも多くの企業と会う事で生まれるものです。

 

せっかくの活動、ワクワクしながらしたいじゃないですか。

そんな出会いにアンテナ立てるのも「転職活動の楽しみ方」だと思います。

 

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職活動に必要な3つの考え【KTK】途中で変化する人ほど成功する

 

 

転職活動で何社もの「個性」を見る目。養えば見えてくる「真の希望」

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動は内定をゴールにしがちですが「スタートラインに立つ」

これに過ぎません。

 

今は時期的にも「web面接」も多いです。

1社でも多くの会社に出会うチャンスです。

 

ポイント

見えなかったものを見つけるのが転職活動の本来の目的です。

 

内定はあくまで「手段」です。

95%の人は定年まで会社員を続けていきます。

 

その方向性を見極めるためにも

ポイント

会社の「個性」を見る目。

 

これを養って会う会社ごとの違いを見極めていって欲しいなと思います。

その先にあなたが心の奥底で望む「真の希望」が見つかるはずです。

 

ショッピングで洋服を楽しみながら選ぶかのごとく、会社のカルチャーを見極めていってくださいね❗️

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事

【あなたの人生が激変!】
総合力でのオススメ転職エージェント10選【あなたの人生が激変!】
kazutomo-nagasawa.com/alt
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.