" />

転職・仕事の悩み

転職エージェント使う?直接応募?これからは【転職も2刀流】時代!

転職エージェントって評判悪くない・・・❓

 

自分で直接応募したほうがハードル低くない・・・❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

今回の記事では、転職活動でエージェントを使うべきか?

自分で応募すべきか?迷っている方へむけて、

今後の転職活動は「2刀流」が必須だと言うことをお伝えします。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、エージェントを使うか使わないかで

悩むことなく、より良い転職活動ができます。

 

 

この記事の内容

  • 転職エージェント使う?直接応募?これからは【転職も2刀流】時代!
  • 転職エージェントはあなたの「情報屋」
  • 転職エージェントが持つ知りえない「情報」とは
  • 正しい転職活動はエージェント利用と自主応募の2刀流!

 

転職エージェント使う?直接応募?これからは【転職も2刀流】時代!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

結論から言うと「両方やりましょう」

 

 

これからは野球だけじゃなく

ポイント

転職も2刀流の時代と言えます。

転職で2刀流・・・❓どーゆーこと・・・❓

 

エージェントを使う使わないの2択じゃないってことです。

 

自分で転職サイトを見ていて「この求人いいな❗️」と

思うところがあればどんどん応募しましょう。

 

ポイント

直接応募の良いところは、

転職エージェントを介さない=企業が転職エージェントに報酬を払う必要がない

ことで、ハードルが若干下がるところです。

 

一方で、転職エージェントを使うメリットの1番は

「非公開求人」を多数持っていることです。

なので、

  • 見つかるものは自分で
  • 見えない部分を転職エージェントに

と言う「使い分け=2刀流」をしましょう。

 

多くの人が「使う・使わない」の2択で活動をしている中で

2刀流を駆使できる人は「成功する転職」を

叶える確率が格段に上がりますよ❗️

 

関連記事>>>【TOP3戦略】エージェントからの求人!比較決断しやすくする裏技

 

 

転職エージェントはあなたの「情報屋」

Kazutomo-nagasawa.com/alt

エージェントってどんな情報持ってるの・・・❓

 

普通の転職活動では知りえない情報盛り沢山です❗️

 

 

たくさんある転職サイト、そこには数万件の

求人情報が掲載されてますよね?

 

この数はエージェントが抱えている案件の

「ほんの3割程度」なのをご存知でしょうか❓

 

 

ポイント

保有している案件の約7割が非公開求人と言って、

企業からの要望でエージェントサポートに

登録した人だけに公開する案件、もしくは、

その求人の条件に当てはまっている人にだけ

スカウトを送って欲しいと言う

「confidential(機密・親展)扱い」の求人なんです。

 

せっかく転職活動をするのに、こう言ったお宝求人

知らずに行うのは非常にもったいないんですよ。

 

転職エージェントを利用するのを迷っている方のほとんどは

  • 口コミ見ると悪い内容ばかり
  • 担当が上からモノを言ってくる
  • 案件をゴリ押ししてくる
  • 自分より年下なのに生意気

と言った内容をwebでも良く見かけます。

これはほんの一部の無能な転職エージェントなんです。

 

 

先日の記事でも書いたとおり、何か気に入らない

部分があれば「交代をお願いしてOK」なんです。

関連記事>>>【転職エージェント】利用するメリット・デメリットを徹底的に比較!

 

次に出てくるエージェントはそのクレームを

知って担当になるので、通常以上に丁寧に接して

くれることは間違いありません。

 

それでも同じような人が出てきたらそのエージェント

企業は切ってしまいましょう。

そのくらい入り口はドライでOKです。

 

ポイント

情報交換をする中で信頼関係は構築されていきますから。

 

次の章で紹介する「たくさんの知り得ない情報」

有効活用する目的で転職エージェントを利用

するのもオススメです。

 

 

必ず全てサポートしてもらわなければいけない

わけではないので、安心して情報を貰っちゃいましょう。

 

関連記事>>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他おすすめエージェント!

 

 

転職エージェントが持つ知りえない「情報」とは

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職エージェントは普通に活動していては

得られない下記の情報を持っています。

 

ポイント

  1. 非公開求人を多数保有
  2. 企業の内部情報
  3. 採用担当者の人柄・性格・傾向
  4. 書類作成の知識
  5. 面接ほか各種選考のテクニック
  6. 就業条件の交渉テクニック

 

 

順に解説していきますね。

 

1.非公開求人を多数保有

前述の通り、転職エージェントが持っている

案件の約7割は表立って公開されていない

求人案件です。

 

私が医療業界でエージェントをしていた時、

製薬会社の営業職(MR:医薬品情報提供者)の案件で

  • オンコロジー領域(ガン領域)
  • バイオ製剤領域

 

この2つは大変人気がありました。

 

最先端の医薬品を扱うはMRとしては花形ですもんね。

公開すると応募が殺到してしまうので、

企業側が希望する経験にマッチした人にだけ

紹介することを企業から求められていました。

 

実際に提案すると「え❓そんなのどこにも

掲載されてなかったですけど」と驚かれます。

この時の「おトク感」はとても大きいです。

 

2.企業の内部情報

これも求人サイトの広告内容からは

正確に読み取れない、

「会社の社風」や「社員の雰囲気」など

エージェントが足しげく訪問して得た

「生きた情報」を持っています。

 

面接で会う人数は1社につき2人か

多くても4、5人ですよね❓

それだけで会社の雰囲気を

全て知るのはほぼ不可能です。

 

入ってから「うわ、なんか違ったー!」と

思ってからでは手遅れです。

ポイント

事前にその会社の「カルチャー」を知り

自分に合うかも重要な要素です。

 

どれだけ事前に情報を仕入れるかで結果は変わってきます。

それが「転職活動は情報戦」と言われるゆえんですね。

 

3.採用担当者の人柄・性格・傾向

エージェントが訪問時に話を聞くのは、

実際にあなたを面接する担当です。

 

求人内容をヒアリングしつつ、雰囲気を和らげて

素の表情だったり、選考ポイントになる部分だったり

巧みに聞き出しています。

 

ポイント

こうして日々試行錯誤しながら掴んだ情報、

知ってるのと知らないのでは大きく差が

出ますので直接応募した企業のことも

知っているかもしれません。

 

ぜひ担当エージェントに聞いてみましょう❗️

 

直接応募した企業にはエージェントから

重ねて応募はできないので、安心して聞いてOKです。

 

私もエージェント時代はそうやって知っている

情報は求職者の方のために提供していましたから。

 

 

4.書類作成の知識

選考に必ず必要な履歴書・職務経歴書。

転職エージェントは数え切れないくらいの

書類を見てきています。

 

 

業種・職種・応募企業に合わせた書類の書き方を

熟知していますので、一度見てもらって客観的な

意見をもらいましょう。

 

ポイント

自分では気づかなかった間違いや、表現のテクニックなど

目からウロコの情報がたくさん出てくると思いますよ❗️

 

転職エージェントは単に案件を紹介して

橋渡しするだけが仕事ではありません。

 

ポイント

転職を成功させるための「最強の武器を用意すること」

も多くの仕事の1つです。

 

エージェントの仕事の流れを大公開した記事が

ありますので、ぜひエージェント側の視点も

体感してみてくださいね。

関連記事>>>【禁断】転職エージェントを操る!掟破りの手の内を元プロが大公開!

 

また、履歴書・職務経歴書の差別化する書き方を

それぞれ紹介した記事も贈ります。

関連記事>>>【知らなきゃ損】差別化してない?もったいない転職活動の履歴書作成
関連記事>>>【激変】成功する職務経歴書!ポイントは<過去・現在・未来>の3点!

 

 

5.面接ほか各種選考のテクニック

書類選考を通過していざ面接へ❗️

どんなことを聞かれるのか当日まで

悩んでしまいますよね❓

 

 

ポイント

直接応募だけで活動に臨む方はそうなのですが、

2刀流の人は違います。

 

 

面接に関する情報を担当エージェントから聞き出します。

私も同じケースで聞かれた際には、その方が受ける業界、

職種に合わせた「想定問答集」をワードで作成して送っていました。

 

「え❓サポートしているわけじゃないのに❓」と

思うかもしれませんが、もしかしたら将来的に

サポートすることがあるかもしれない。

2刀流の中で私が紹介した案件で進むかもしれない。

 

ポイント

あらゆる可能性を想定しながら動くのが

エージェントの正しい仕事の仕方なんです。

 

1つの案件に固執してそれだけを勧めてくる

エージェントはダメなエージェントです。

 

わからないことはどんどんプロに聞いてください。

今はエージェントサポートは全て無料ですが、

いつの日かアメリカのように有料になるかもわかりませんからね。

 

6.就業条件の交渉テクニック

結果として転職エージェントの紹介した案件で

決まった時は、最後に就業条件についてあなたの

希望を叶えるために企業と交渉を行います。

 

現職の引き継ぎ具合、現在の年収との差、

こう言った部分を満足のいくものにするため、

時には企業に訪問してプレゼンします。

 

ポイント

ここだけは直接応募した企業にはできない内容なので、

転職エージェントサポートならではの部分です。

 

ここにもあなたの魅力を知り尽くしたパートナーである

転職エージェントが、企業を納得させるプレゼン

テクニックを駆使して希望を叶える努力を行います。

 

もちろん誇大表現をすると入社後にあなたが

苦労してしまうので、そこのさじ加減が重要です。

 

あなたが気持ちよく働くことができるように、

いろんな視点を考慮して着地点にバッチリ決めます。

 

 

関連記事>>>【体験談】信頼の崩壊!エージェントがサポート諦める求職者の実例!

正しい転職活動はエージェント利用と自主応募の2刀流!

Kazutomo-nagasawa.com/alt
ここまでお伝えしてきた通り、直接応募を

メインに転職活動をするにしても

ポイント

「情報屋」として転職エージェントを使いながらの2刀流

これがうまくできる人は、

その後の人生が大きく変わります。

 

2刀流のメリット

  • 会社の内情まで知った上で入社できる
  • 転職後もエージェントと信頼関係が続く
  • 何かあった時の心の支えになる
  • 同じ職種でもキャリアアップと収入アップが待っている
  • 心に余裕が生まれプライベートも充実
  • 公私ともに充実して人生が輝き出す

 

転職は単なる環境変化ではありません。

 

あなたのその後の人生を大きく左右するライフイベントです。

ですので、失敗しない「成功する転職」を実現しましょう。

 

そのためにも転職エージェントの有効活用、ぜひしてくださいね❗️

エージェントもそれを待っていますよ❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントは

たくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」

判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり

有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>>登録必須エージェント紹介・比較記事

おすすめ記事>>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.