" />
【転職活動】うまくいかない・疲れた!6つの解決策で期間短縮する方法

悩み 転職の悩み 転職活動

【転職活動】うまくいかない・疲れた!6つの解決策で期間短縮する方法

【転職活動】うまくいかない・疲れた!6つの解決策で期間短縮する方法

 

転職活動がうまくいかない・・・もう疲れた・・・
今回はそんなお悩みを解決します

 

<この記事を書いている人>

◆ 転職エージェント歴16年&自身も5回の転職を経験。

◆ 転職、うつ、エージェント経験から読む方の転職・人生を豊かにします。

◆ 転職系の企業メディアの監修・コラム寄稿も実績あり。

ブログ村、FC2ブログランク「転職」カテゴリ1位継続中。

Twitterアカウントはこちら

 

今回の記事は、転職活動がなかなかうまくいかず疲れ気味のあなたへ。

その大きな理由と共通するパターン、解決策を解説します。

 

これを読めば・・・

あなたの人生は今、成長段階だと言うことが理解できます。

また、活動に入る「根本的な部分」の修正で劇的なスピード解決ができます。

 

オススメ記事
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】

 

こんな方にオススメ

  • 転職活動の期間が長引いている
  • 第一志望のところほど選考に通らない
  • たくさん応募してるのに全然選考が進まない

 

【転職活動】うまくいかない・疲れた!6つの解決策で期間短縮する方法

【転職活動】うまくいかない・疲れた!6つの解決策で期間短縮する方法

転職活動がうまくいかない・疲れるパターンがある

  • 転職活動がうまくいかない
  • 長期化して心身ともに疲れた

今あなたはこのような状況に陥っていませんか?

 

SNSでもこの悩みはとても多く見られます。

 

私も長く転職エージェントをしていましたが、それ以前は自分の転職にかなり苦労しました。

そして転職エージェントになってからは多くの同じ悩みを持って登録された方をサポートしました。

 

そこから見えたのは・・・

ポイント

転職活動がうまくいかず疲れるのには、ちゃんとした「理由」と「パターン」があるということです。

 

もちろん精神的に追い込むのは良くないので一旦離れて休むことも重要です。

なのでこの記事の内容もしっかり休息を取りつつ試してくださいね。

 

理由を客観視できない事が負のループを生む

突然ですが今、あなたは一人で転職活動をしていますか?

単独での転職活動の1番のデメリットは・・・

注意

自分のペースで進められる反面、「どこが悪いのかを客観視できなくなる」ことです。

 

そして修正できないまま続けて、望む結果が得られない状況に疲れ果ててしまいます。

 

そこでまず一つ、お伝えしておきたいのは・・・

ポイント

「修正すべき点を指摘してくれる存在」の必要性に気づいてください。

 

私も長く勤めた「転職エージェント」はあなたを転職させ、その環境を最適にすることが仕事です。

他のシーンでも

  • 学校や塾での勉強
  • マイホーム購入
  • 結婚式や出産
  • 保険加入

こういった「ライフイベント」でも、それを「監督・指導」してくれる存在がいます。

 

転職も同じ人生を左右する「ライフイベント」であるにもかかわらず「転職活動を一人で進める」のはなぜでしょう?

その理由は・・・

注意

一人でも「ある程度」はできてしまうからというところにあります。

 

FNNプレミアムオンラインの「転職活動での利用媒体」のアンケート。

その調査結果は下記のように出ています。

 

転職での利用媒体アンケート-min

出典FNNプレミアムオンライン

 

ハローワークと求人サイトの合計で60%。

転職エージェントの利用は「わずか18%」です。

 

単独でもうまくいけばいいのですが・・・

注意

一旦うまくいかなくなり長期化すると「どこを直せばいいかわからない」状況に陥ります。

それがその後の選考でも「修正しないまま突っ込んでいく」ことに繋がります。

 

もしあなたが単独で活動してループにハマっているなら?

まずは下記のエージェントへの登録、ヒアリングをしてもらうことを強くお勧めします。

 

私の現在の活動の中で「非公開求人」の豊富さで、眠った可能性を発掘するのに最適な厳選エージェント機関です。

 

< 隠れた情報と冷静な判断 >

マイナビエージェント :対応スピード・求人カスタマイズともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

では、転職活動がうまくいかない・疲れる共通の「原因」ってなんでしょう?

次の項目で「あなた目線」「採用企業目線」で解説していきますね。

 

関連記事
【転職活動】妥協をすると後悔と失敗に。納得転職への「3ステップ」
【転職活動】妥協をすると後悔と失敗に。納得転職への「3ステップ」

chek>>転職後までサポート+月25万円以上の厳選求人【キャリアスタート】 

 

転職活動がうまくいかない・疲れる人に共通する「原因」

転職活動がうまくいかない・疲れる人に共通する「原因」

転職活動を始めた当初は意気揚々と励んでいたけど、望む結果が得られない状態が続くループ。

そしてそのループが何回転もして長引き疲れてしまう。

 

この状態になる原因ですが・・・

注意

「あなた目線」「採用企業目線」

この2つが複雑に絡み合っています。

 

まず「あなた目線」での原因について解説します。

 

あなた目線:転職活動がうまくいかない・疲れる原因

< あなた目線の原因 >

「求める人材像」を理解できていない

「自分を軸」に選考に臨んでいる

「希望条件」に囚われ過ぎている

そこで働く「イメージ」を持てていない

 

「求める人材像」を理解できていない

企業の募集要項には「求める人材像」が書かれています。

メモ

項目として書かれている場合もあれば、「求める経験」として書かれている場合もあります。

 

面接ではどうしても

  • 入社したい
  • 内定を得たい
  • こんなに熱意がある

「意欲」を押してしまいがちです。

 

ポイント

しかし押し出すべきなのは「相手が求めるものにマッチすること」です。

 

営業がプレゼンする際に明確にする「先方のニーズ」です。

ここを把握・理解しないまま「意欲」を押し出すことが「合わない」という評価に繋がっています。

 

まずは「相手が求めていること」に焦点をあてて自分をアピールする方向に変えましょう。

 

「自分を軸」に選考に臨んでいる

これも前項と似ていますが

  • 「企業が求めること」
  • 「あなたが持つもの」

この2つををマッチさせる場が面接です。

 

転職活動がうまくいっていない人の書類をみたり、ヒアリングで話を聞くと・・・

注意ポイント

「自分ができること」ばかりが並んでいる共通点があります。

 

それ自体は悪くないことなのですが・・・

応募企業によって内容を「企業が求めるもの」に合わせられていない。

 

ここに大きな原因があります。

 

ポイント

  • あなたが持つ経験、スキルの中でどれが応募先に合うものか?
  • あなたの経験を活かしつつ、新たなものが身につけられるか?

 

ここを見直して2つがイコールになるところへの応募、アピールに変えていきましょう。

 

「希望条件」に囚われ過ぎている

転職活動をするにあたって、

  • 仕事内容
  • 仕事の進め方(テレワークなど)
  • お給料
  • 勤務地
  • 休日休暇
  • 福利厚生

など、あなたが希望する条件があると思います。

 

しかし転職活動が長引くループにハマる原因がここにも隠れています。

 

注意ポイント

「全てがマッチすること」を望んでしまうことです。

 

もちろんあれば最高ですが、あったとしても選考があります。

「条件全部がマッチ = 第一希望」にすると長期化する原因になります。

 

「譲れない条件」だけを決めて、条件にあなた自身が囚われてしまわないでください。

完璧にマッチする企業に出会える確率はおそらく天文学的確率です。

 

そこで働く「イメージ」を持てていない

以前にツイートしたことがあるのですが、面接は段階によって「目的」が変わります。

 

 

進んでいくごとに「入社後のイメージ」をすり合わせる場になります。

あなた自身が持っていないと、企業側と噛み合うはずもありません。

 

  • 入ったらこうありたい
  • こんな経験を活かしたい
  • こんな貢献ができる人材だ

これらをショートストーリーで語れるように準備することをルーティン化してみてください。

相手が「入社後のあなたの活躍」をイメージできれば驚くほどに話が盛り上がりを見せます。

 

企業目線:転職活動がうまくいかない・疲れる原因

次に「企業側目線」です。

これに関しては、あなたは何かを直す必要はありません。

 

企業が選考にあたって間違ったことをしているという内容です。

 

< 企業目線での原因 >

前任者と同レベルを求めている

面接担当が募集職種の仕事を熟知していない

 

前任者と同レベルを求めている

わかりやすい例で言うと「欠員の補充」で採用活動をしている企業のケースです。

 

辞めた(またはこれから辞める)前任者と同レベルの仕事ができる人が欲しい。

そのために「採用基準を前任者」にしていることが原因です。

 

これでは採用もできないですし、不採用にされたとしてもあなたに直すべきところはありません。

それを知っておくためにも・・・

ポイント

「今回の募集背景」を聞いておくといいでしょう。

 

面接担当が募集職種の仕事を熟知していない

前述のツイートの通り、1次面接は「会社とのマッチ度」を見るものです。

そこで合う人を2次に呼ぶわけですが、1次は「人事担当」が行うことが多いです。

 

その場合だと、人事担当が実際の募集職種の仕事の深いところまで熟知していないことがあります。

そんな気配が見えたら・・・

ポイント

こちらからの質問で仕事内容の深いところを聞いてみてください。

 

その回答でその会社の人事担当レベルが測れます。

 

ーー

このように企業側の採用背景に原因があるケースもあるんです。

なので決して転職活動のよくない結果が、あなた自身を否定するものでないことを覚えておいてくださいね。

 

次の項目では、転職活動がうまくいかない・疲れる人にみられる「6つのパターン」と「解決策」を解説します。

 

関連記事
【会社・職場】不満はないけど転職?「なんとなく」を避ける3原則
【会社・職場】不満はないけど転職?「なんとなく」を避ける3原則

check>>今からでも時短で面接へ【書類選考なし求人】専門サポート  

 

転職活動がうまくいかない・疲れる人の「6つのパターンと解決策」

転職活動がうまくいかない・疲れる人の「6つのパターンと解決策」

転職活動でうまくいかないパターンはほぼ下記に集約されます。

 

当てはまっていませんか?

  1. 書類がなかなか通らない
  2. 面接に進むもうまく回答・アピールができない
  3. 違う職種を受けていて志望動機がうまく言えない
  4. 内定後に待遇が違い辞退した後離職期間が長引く
  5. 人間関係が原因で鬱(うつ)になって以後うまくいかない
  6. 離職期間をネガティブに捉えられる

 

それでは順に解決策を解説していきますね。

 

1.書類がなかなか通らない

書類がなかなか通らない

これが続くと気持ちが折れてしまいますよね。

心が疲れてモチベーションも下がります。

 

書類選考で落とされるのには2パターンしかありません。

1)書類に企業側が必要とする要素がない
2)他に高い必要経験を持った方がいた

 

これを打破するためには・・・

ポイント

「どこにも同じPR文」ではいけません。

万人受けを狙って総スカンを喰らいかねません。

 

冒頭でエージェントの利用を推奨した大きなポイントはここにあります。

 

エージェントは単に「仕事を紹介する」だけではありません。

あなたの書類を応募企業に合わせて添削してもらいましょう。

 

  • 企業が「何を必要」としていて
  • あなたの経験の「どこがマッチ」して
  • 「どのように活用」して「どう貢献するか」

これらがきっと伝わっていません。

 

ポイント

そこを客観的に見て、書類に組み込んでいくのもエージェントの大切な仕事です。

 

一人で活動していると、この辺りがどんどん見えなくなっていって「どこが悪いかわからない」状態に陥っていると思います。

 

一生懸命作った書類です。悪いことはないはずです。

ただ、企業側の求めることとあなたが押し出している部分が「噛み合わなかっただけ」なんです。

 

ポイント

そこをカチッと噛み合わせるようにエージェントと一緒に加筆・修正をしていきましょう。

 

それをしないエージェントは放っておいてOKです。

一緒に真剣に取り組んでくれるエージェントを見つけることが大切です。

 

2.面接に進むもうまく回答・アピールができない

面接に進むもうまく回答・アピールができない

書類をしっかり作り込んで通過はするけど、面接が苦手で中々通らないと言う方も多いと思います。

 

まず「苦手意識」が緊張をさせてしまいますよね。

でも採用側からすると緊張もせず「こなれた感」を出している人の方が疎まれるんです。

 

ポイント

つまり、緊張する = 悪いこと、ではありません。

 

「適度な緊張は好印象」なんです。

ですので面接に通らない理由は緊張ではなく、企業側が求める人物像と違ったと言うことです。

そこさえうまく伝わっていれば緊張はむしろ「誠実さ・真面目さ」を伝える武器になります。

 

緊張は「何を聞かれるんだろう」と言う不安から来ていると思います。

ポイント

実際に面接での質問は「あなたの過去・現在・未来」について以外は聞かれません。

全ての質問はこの3カテゴリーのどれかです。

聞き方にバリエーションがあるだけです。

 

ポイント

面接に呼ばれた時点であなたは「書類でそれをうまく説明できている」のを認識しましょう。

 

答えに詰まったっていいんです。噛んじゃったっていいんです。

「すみません、緊張してまして」と笑顔で言い放ちましょう。

 

その上で、もう1度上記記事を参考に面接前に「あなたの過去・現在・未来」を整理して書き出しておきましょう。

これでほとんどの質問には答えられます。

 

3.違う職種を受けていて志望動機がうまく言えない

違う職種を受けていて志望動機がうまく言えない

現在の(または直近の)職種と全くの異職種を受けている場合。

 

未経験採用になるので・・・

ポイント

現職(または直近での職種)と応募職種との間に「共通点」を見つけて書き出すことをおすすめします。

 

わかりやすく言えば「人と接する」とか「電話応対」でもOKです。

それをうまく面接先の業務に絡めて表現してください。

 

未経験なことはわかっているので・・・

ポイント

その中でも「何かしらマッチする業務内容」を把握しておきましょう。

 

また「職種図鑑」と言うサイトもありますので、チャレンジする職種への理解も深めておきましょう。

 

未経験職種の場合・・・

ポイント

質問で「どんな仕事だと言うイメージですか?」と言うのが必ずと言っていいほど飛んできます。

 

100%あっていなくてもOKです。

しっかりと調べているか?

ここが重要ですので全く知らない状態や、イメージだけで答えるのは避けましょう。

 

4.内定後に辞退した後決まらず離職期間が長引く

内定後に辞退した後決まらず離職期間が長引く

内定をもらって入社したら

  • 待遇があまりにも違った
  • 会社がめちゃくちゃ体育会系だった

など、何かしらの理由で内定後または入社後に辞めて離職状態で再開する方もいらっしゃると思います。

これも決して珍しいことではありません。

 

会社の雰囲気なんて入ってみないとわからないのがほとんどですから。

私も過去に、入ってきた人がその日のお昼で辞めていったなんてこともありましたから。

 

ポイント

離職期間を長引かせたくないが為に、確認すべきをすっ飛ばしてしまう。

これは同じことの繰り返しになるので、企業の「内部情報」を得ましょう

 

転職エージェントは訪問と面談でそれを持っています。

一度内定を得ているわけですから自信を持っていきましょう。

焦りは禁物です。

 

5.人間関係が原因で鬱(うつ)になって以後うまくいかない

人間関係が原因で鬱(うつ)になって以後うまくいかない

私も経験しました。

この状況は全てがネガティブに入ってきてしまうのでお辛い気持ち本当によくわかります。

 

一度心が傷ついた経験はトラウマになってしまいがちです。

私も退職後、半年間ブランク開きました。

 

その当時はありませんでしたが、今では辛い経験をして心が傷ついた方専門のサポート期間があります。

 

注意

この状況で一番良くないのは「鬱(うつ)であることを隠す」ことです。

 

それで入社してもどこかで無理がきます。

最初からオープンにしていればこんなに気が楽なことはないです。

 

通常の転職活動より、長く働くこと、あなたの輝かしい未来を考えて、専門のサポート機関と一緒に探すことをしていきましょう。

 

下記の「atGPジョブトレ うつ症状コース」は心に傷を負った方専門に就業支援をする機関です。

 

この会社のすごいのは、精神だけでなく、発達障害や心身障害などに合わせた専門機関を複数持ってサポートしているところです。

なのでストレートに登録してタッグを組むことをおすすめします。

>>職場定着率91%!うつ症状専門の就労移行支援【atGPジョブトレ うつ症状コース】

 

下記記事でもサポート内容や登録の手順などを詳細にご紹介しています。

うつ HSP 就職支援
うつ・HSPへの就職支援【atGP ジョブトレ】隠さず安心して転職活動

 

6.離職期間をネガティブに捉えられる

離職期間をネガティブに捉えられる

前項で私自身が「半年開いた」と書きましたが、その他にも在籍してた会社が給与未払いになり突然仕事と収入がなくなり、その後1年間ブランクになったこともありました。

 

当時30代半ばだったこともあり書類でかなり落とされました。

自分は何も悪いことしていないのに何で!と憤る気持ちだったのを思い出します。

 

しかし焦ってブラック企業に入るのも嫌ですよね?

なので焦る気持ちは分かりますが・・・

ポイント

離職期間に関する質問はデフォルト(基本)として来るものと心に留めて、前向きなものとして答えられるようにしておきましょう。

 

私は登録制の舞台設営などのバイトをしながら活動していたので、それを正直に伝えて内定を獲得し、その会社に6年いて円満に再度ステップアップの転職をしました。

 

ポイント

必ずあなたにあった会社が現れます。

逆を言えばそんなにたくさんの会社と話す機会があるのは、人生でとても貴重な期間だったと後々思うことができます。

 

ある程度のブランクが開くとエージェントも登録しても「案件がない」とメールで返答してきます。

しかし、それでもヒアリング・カウンセリングしましょうと声をかけてくれるエージェントがいます。

 

ポイント

そのエージェントはあなたにとって「人生を変えるパートナー」かもしれません。

 

当サイトでたくさんのエージェントを紹介しています。

諦めずにどんどん登録していきましょう。

 

check>>あなたの人生を変える出会いが必ずある【厳選エージェント13選+α】

check>>新卒時の情報不足を取り戻す【第二新卒エージェント14選+α】

< 隠れた情報と冷静な判断 >

マイナビエージェント :対応スピード・求人カスタマイズともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

転職活動がうまくいかない・疲れる理由と改善策でスピードUPを実現

転職活動がうまくいかない・疲れる理由と改善策でスピードUPを実現

転職がうまくいかないパターンは前項6つにほぼ集約されています。

 

ほとんどのパターンの解決策に「エージェントの利用」を薦めていますが、その理由は下記が全てです。

使わずに損をすることを避けるべきとお伝えしたいです。

 

無料でエージェントを使うメリット

人気で殺到するような非公開求人を教えてくれる

書類作成や面接対策を企業担当に合わせて教えてくれる

候補先企業の内情について熟知している

聞きづらいことを代わりに交渉してくれる

転職後もサポートしてくれる

すべてのサービスが無料(報酬は企業からもらう)

 

今後もあなたの転職がキャリアアップにつながるものになるよう、有益な情報をお届けしていきます。

 

あなたが長引く活動の原因を突き止めて改善し、理想の環境で笑顔で働けることを心から応援しています。

 

 

ランキング
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】
ランキング
【2022年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント14選+α
【2022年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント14選+α

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています!

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

 

 

-悩み, 転職の悩み, 転職活動
-, , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.