" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

転職活動で準備するのは非公開な情報。会社の内部情報まで知る方法。

転職したいけど何から始めたらいいんだろ・・・

 

転職活動ってとりあえず転職サイト見ればいいの・・・❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、転職したいけど何から準備したら良いかわからないというあなたへ。

新卒時とは違う転職活動で必要な準備と、可能性を広げる手段をお伝えします。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、必要なものを正しく得て、間違いのない転職ができます。

 

 

この記事の内容

  • 転職活動で準備するのは非公開な情報。会社の内部情報まで知る方法。
  • 転職は「情報戦」。準備に組み込まないと結果に差が出るワケ。
  • 非公開な情報を得ることで増える人生の選択肢
  • 特性を持ったエージェントとの同時利用。あなたの可能性は未知の領域へ。

 

 

転職活動で準備するのは非公開な情報。会社の内部情報まで知る方法。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

これから転職活動を始めようと思っている方も多いと思います。

まだぼんやり考え始めたという方にもぜひ一読頂きたい内容です。

 

昨年、1年間で一体どのくらいの人が転職をしたかご存知でしょうか❓

 

総務省統計局データでは・・・

2019年は「351万人」が転職をしました。

これは比較可能な2002年以降で過去最多の人数です。

参照元:総務省統計局

 

 

2009年のリーマンショックの時よりも多いのは驚きですね。

しかもまだ新型コロナが発生する前ですからその多さがわかると思います。

 

そんな積極的な転職が活発になっている今。

転職活動を始めようと思うけど何から始めればいいのか❓

そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

 

特に初めての転職となれば、新卒の時以来の履歴書を書いたり、職務経歴書という書類を作ったりと、新卒時とは違う活動に戸惑う人もいるでしょう。

 

転職の準備として思いつくのはこの「書類作成」。

それと「転職サイトでの求人検索」でしょう。

 

結論から言うと求人を検索する前にすべき事があります。

 

ポイント

それは「情報収集」です。正確には「情報源の確保」です。

特に、調べれば出てくるようなオープンなものではなく、クローズドな「非公開情報」の収集をしてください。

 

 

転職サイトで求人を検索するのもいいのですが、今抱えている悩みや、転職したい理由になっていることと同じ事を繰り返す可能性があります。

注意

転職活動というのは、新卒の時とは探し方が全く違います。

 

あなたも就職活動を経て社会に出てみて、実際の現場経験を積む中で「求人情報」にギャップがある事がわかったはずです。

同じように転職サイトの求人にもそれは存在します。

 

なので在職中であれば、まずは「情報収集」から始めましょう。

 

誰しも転職を失敗したくはないですよね。

ポイント

転職をした先が、良い環境で長く働ける事。

これが【成功転職】と当サイトでは位置付けています。

 

今度は先に「企業の内部情報」を得ると同時に、客観的に「今の自分に何があっているのか」

これを知る事が重要です。

 

もしかしたら既に向かいたい業界・職種があるかもしれませんね。

その方向と、客観的にみて「向いている業界・職種」が他にもあるかもしれません。

 

「客観視」してもらい、適性が分かれば一人でやるより無駄な応募が減り「時短活動」にもなります。

 

 

では、

  • どんな非公開情報を得れば良いのか❓
  • どうやってその情報を得るのか❓
  • なぜそれが必要なのか❓

 

これらを「転職準備」に組み込む必要がある理由。

それによって結果に差が出る理由。

これを次の項目で解説します。

関連記事>>将来が不安で仕方ない。不測の事態にも対応できる思考法を身につける。

 

 

転職は「情報戦」。準備に組み込まないと結果に差が出るワケ。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

新卒の時の就職活動には「説明会」があったり、「エントリーシート」を提出したりしていましたが、

注意

転職活動には単独の説明会はありません。

あるのはフェアのような合同説明会が不定期にあるだけです。

 

つまり新卒の時のように「事前に人事の顔をみる機会」がないんです。

自動的に既卒の転職活動では圧倒的に情報量が少なくなります。

 

 

オープンになっている情報、転職サイトや企業HPなどだけでは、会社の社風まではわからず「情報迷子」になってしまいます。

最悪、自分が何をしたいのかの「目的」さえわからなくなってしまいます。

 

これらの「非公開情報」を持っているのは「転職エージェント」です。

私も16年という期間を転職エージェントとして従事してきて多くの非公開情報を集めていました。

転職サイトの情報も「全体の3割」程度で、7割がエージェントに託された「非公開求人」です。

 

 

まず準備としてやるべきことは

ポイント

「転職エージェントサポートへの無料登録」です。

日本のエージェントサポートは「完全無料」。

海外が有料なのを考えると親切なサービスですね。

 

まず手始めに「総合的に強いエージェント」に登録をして、以前は知れなかった「企業の内部情報」などの「非公開な情報」を多く得る事。

ここで差がつくと言っても過言ではありません。

 

当サイトで紹介した「総合力で強いエージェント」に記事を下記に贈りますので、是非自分の気に入ったエージェントサポートに無料登録してください。

>>当サイト推薦の総合的に強いエージェント集

 

 

そしてエージェントとの「ヒアリング」で退職理由や背景、希望することを伝えたら

自分の経験で「何が目指せそうか❓」ここを確認してください

 

ポイント

それを元にさらに「その分野に特化した」エージェント登録を増やし選択肢を増やします。

エージェントは1社ではなく複数利用が、求人数、セカンドオピニオン、競合させること、で力を発揮します。

 

 

そうしてエージェントとの繋がりができたら、応募をしようと思う企業の内部情報について聞いてみてください。

例えばこんなこと

・会社はどんな社風か(体育会系、自由裁量など)

・会社内の雰囲気はどうか(コミュニケーション、チームワークなど)

・最近の離職率はどうか(大勢辞めたり、すぐ辞めたりしていないかなど)

 

次の項目では、非公開情報を得る上で追加すべき「専門特化型エージェント」

あなたの選択肢を広げ、時短活動も実現するサポートを紹介します。

全体像は下記のサイトで全てご紹介しています。

>>業界別・職種別に特化したエージェント集

 

 

非公開な情報を得ることで増える人生の選択肢

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

圧倒的に増える「人生の選択肢」

  1. 適性に「専門特化」したエージェントを追加する
  2. 「書類選考」を飛ばせるエージェントを追加する
  3. 「第二新卒」に特化したエージェントを追加する

 

順に解説しますね。

 

1.適性に「専門特化」したエージェントを追加する

今では総合的に強い(全業界に対応した)エージェントとは対照的に、特定の業界・職種に特化した専門のエージェントサービスがあります。

 

当サイトでも前項の最後に貼った記事で紹介していますが、IT業界、ゲーム業界などの今後の伸びが期待される業界。

職種では営業職、エンジニア、フリーランス エンジニア、医療系、介護系、第二新卒、ミドル・シニアなど、多くの特化型のエージェントサポートが誕生しています。

 

珍しいところでは、人事に特化したエージェントサポートもあります。

 

あなたが目指すところに特化したエージェントサポートがあれば、同時に登録してレア求人やレア情報を得ましょう。

かなりの「深掘り」ができるはずです。

>>業界別・職種別に特化したエージェント集

 

 

2.「書類選考」を飛ばせるエージェントを追加する

このエージェントサポート記事は、かなり当サイトでも読んでいただく方が多いです。

長ければ2週間くらい待たされることもある「書類選考」。

これを免除した求人案件だけを取り扱うサービスです。

 

「DYM」というエージェントサポートで下記の記事で詳しく紹介しています。

>>転職で面倒な書類選考なし。遂に登場!正社員未経験からも転職OK

 

 

 

業界や職種は特定していませんので、時短活動のために、こう言ったサポートも積極的に利用していきましょう。

早ければ応募から10日から2週間で全ての選考を終えて内定を獲得できます。

 

 

3.「第二新卒」に特化したエージェントを追加する

初めての転職をする際は、特に何から手をつけて良いかわからないと思います。

そんな時にあなたを導いてくれる強い味方が「第二新卒・既卒」に特化したサポートです。

 

就職活動の時にもっと調べればよかった、と思う情報をあなたに教えてくれます。

エージェント自身も皆、転職を経験しているので同じ目線で話ができる心強い味方になってくれるでしょう。

 

下記の記事でおすすめをまとめているので、気になったところは無料なのでどんどん登録してみてください。

>>新卒での退職から再就職。あなたに専門特化したサポートを厳選紹介!

 

 

転職活動は「正しく」進めれば落ち着いて働ける環境に必ず出会えます。

多くはこの「情報」が不足していて、入社後のギャップで負のループに陥ります。

正しく必要な情報を得て「決断」のための材料にしてくださいね。

 

 

特性を持ったエージェントとの同時利用。あなたの可能性は未知の領域へ。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

今ではこれだけ特性を持ったエージェントサポートが存在しています。

それだけエージェント側にも「知識」と「経験」が求められているわけです。

 

ポイント

専門的なエージェントと、総合的なエージェントとの【2刀流】

これからの転職のスタンダードになるかも知れません。

 

そして何よりも一人では思いもしなかった「知らない自分」との出会い。

これもエージェントが贈る事ができるあなたへの「ギフト」です。

 

それがあなたの未来に大きな影響を与えるきっかけになるかも知れない。

そんな可能性を知ることなく転職活動を終えてしまうのはもったいないですね。

 

 

ポイント

転職活動は人生を左右する可能性のある「ライフイベント」です。

 

どうかプロから力と情報を得て、あなたが望む姿、それを超えるあなたに出会えますように。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.