" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

2次面接での対策と心構えは?互いの「イメージ」をすり合わせる場。

2次面接ってどんな準備すればいいんだろう・・・

 

1次面接は想像つくけど2次面接はなにもわからない・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

 

今回の記事では、内容が見えづらい「2次面接」

2次面接とはどんな場なのか❓

持っておくべき心構えについて解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、2次面接が何をする場かが

理解することができ具体的なイメージを持って臨むことができます。

 

 

この記事の内容

  • 2次面接の心構えと対策は?互いの「イメージ」をすり合わせる場。
  • 2次面接では質問ではなく「イメージ」で心構えをする理由
  • 2次面接での重要な「心構え」
  • お互いのイメージが合致すれば「転職の向こう側」が見える

 

 

2次面接の心構えと対策は?互いの「イメージ」をすり合わせる場。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

1次面接を通過して2次面接に呼ばれた。

  • 一体なにを聞かれるんだろう❓
  • どんな対策をすればいいんだろう❓
  • なにを準備すればいいんだろう❓

 

こんなことを悩んでいませんか❓

 

1次面接では色々事前準備ができる内容だったけれど2次面接ではどんな質問が飛び出すかわからない。

 

この考え方が既に間違っています。

注意

2次面接の対策は「聞かれたことに答える」と言う場ではありません。

 

聞かれたことに答えるのは1次面接です。

 

 

2次面接と言う場所の意味、担当する面接官が実際の事業責任者やそれ以上の役職者であること。

 

このことから心構えとして持っておくこと。

ポイント

既にその会社に入って働くことを「イメージ」しておくこと。

そして先方がイメージしていること

これらを「すり合わせする場」だと言うことを覚えておいてください。

 

多くの人は1次面接の延長で2次面接に臨みます。

それが不採用の原因になることを知らずに。

 

 

次の項目ではなぜ実際の勤務を「イメージ」することが重要なのかについて解説します。

 

関連記事>>【警告】最終面接は確認程度?準備不要と余裕を持つのは危険度MAX

 

 

2次面接では質問ではなく「イメージ」で心構えをする理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

1次面接は「志望動機」「応募の背景」。

それを質問形式で明確にして納得させる場です。

 

そこで会社が求める人材像と合致する人が進むのが2次面接と言う場です。

 

注意

もし2次面接も1次と同じならば最初から関連する人が全員同席するか、録画してそれを見れば済むことです。

 

でも別々にすること、ここに意味があるから行われるわけですよね❓

 

 

志望動機や現職の退職理由については1次面接で回答して、先方でも次の担当者に共有されているはずです。

注意

もし2次面接でも同じことばかり聞いてくるなら、それは1次面接であなたの応募書類に全く目を通していないのと同じことです。

 

 

2次面接は既に「入社後を想定」して行うものです。

これは私自身がアパレル業界にいた頃責任者として2次面接をした時も持っていた考えです、

 

ポイント

そこでいかに「一緒に働いているイメージ」

これを持たせるか。

それをすり合わせるんです。

 

そのためにあなたが現職までのキャリアで培ってきた事受ける企業の業務内容との接点。

これを見つけて貢献できる事を伝える必要があります。

 

1次面接でも「一致する事」については話している事でしょう。

それも踏まえて次の項目では「具体的な心構え」

これについて解説します。

 

関連記事>>【嬉しいのに悩む?】内定が出たのになぜ?決められない〇〇に警戒!

 

 

2次面接での重要な「心構え」

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

実践的な2次面接にあたって・・・

  1. 1次面接での答えを再確認
  2. 実際に働くイメージを持っておく
  3. 最初に取り組むべきことを理解する

 

順に説明しますね。

 

1.1次面接での答えを再確認

まずこれは当たり前のことではありますが、2次面接でも確認のために1次面接のことを再度確認することが予想されますよね❓

 

注意

ここで前回と違う答えをすると「その場の勢い」で答える人と捉えてしまいかねません。

 

 

1次面接が終わった段階で、

  • 質問されたこと
  • それに対する自分の答え

これは忘れないうちにメモっておきましょう。

 

こうしておけば他社での面接にも応用ができる部分が多くなっていきます。

 

言い換えれば

ポイント

  • 1次面接は「軸となる部分」を
  • 2次面接は「実践的な部分」を

伝える場所です。

 

軸がブレていることが伝わるのはまずいですよね❓

特に受ける社数が多くなるとごっちゃになるのでメモとして記録しておく、それを見返すことは自分の「軸」を再確認することです。

 

忘れずに思い返しましょう。

 

 

2.実際に働くイメージを持っておく

気が早いと思われるかもしれませんね。

でも企業の面接担当者は仕事の時間を割いてあなたのために面接をしてくれます。

 

ポイント

既に入社した後、自分はこうやって働いてるんだろう、そう言うイメージを持って臨むことは礼儀でもあります。

 

 

もちろんまだ入社前ですし、入ると決めたわけでもない。

でも以前の記事に書いたように「手抜き」は100%バレてしまいますので受けるからには全力で挑みましょう。

参考記事>>【面接】手抜きは100%バレる!準備対策は絶対に徹底するべき理由

 

 

そのイメージが正解でなくてもいいんです。

 

ポイント

あなたが「イメージを持って臨んでいる」

その姿勢がまず重要なんです。

 

イメージを持っていなければ「どう貢献できるか」の疑問にも答えられませんので活躍してるイメージを持っておくのがベストです👍

 

 

3.最初に取り組むべきことを理解する

これは2の項目と相反する内容でもありますが、入ってすぐ活躍するのは難しいですよね❓

最初の3ヶ月、もしくは試用期間は活躍するため「業務を覚える期間」です。

 

注意

中途入社だとここをすっ飛ばしていつまでも実績が出ずそれを「「ギャップ」と捉えてしまいがち。

土台がなければ積み上げられません。

 

 

そこを理解した上で

ポイント

貢献できる人になるために「何をすべきか❓」

業務知識の習得、社内コミュニケーションをとって協力を仰げる環境づくりなど「土台」を作る努力をする姿勢を示しましょう。

 

特に人間は年齢を重ねるごとに新しいことを覚えることに対して拒絶感が芽生えます。

 

 

せっかく採用しても教育期間でやめられてしまったら採用コストを無駄にしてしまう。

 

はやる気持ちは悪いことではありませんが転職は「基礎の積み上げ直し」が重要です。

 

ポイント

活躍している「イメージ」 + 土台作りの「覚悟」

 

これを持って臨まないといけないのが2次面接です。

 

 

採用側も中途採用に「即戦力」を求めると言いつつも、ここをしっかりとやってくれる人かを見ています。

 

この「すり合わせ」が上手くいけば採用しないと言う理由がなくなります。

 

 

関連記事>>【転職するか迷う】転職先でのミスマッチ感を確認!一本道を作ろう。

 

 

お互いのイメージが合致すれば「転職の向こう側」が見える

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

2次面接の「意味するところ」「見ているところ」。

これを理解して「イメージ」を持って臨む。

 

その上で「イメージ」通りになるための「土台」作りの期間があることと、それをする覚悟をしっかりとすること。

 

 

ポイント

上記の2つの心構えができていれば「転職の向こう側」が見えてきます。

 

当サイトではゴールは「内定」ではありません。

 

内定はあくまで入社のチケット。

ゴールはあなたが転職先で良い人間関係の中でイキイキと働ける環境です。

 

それがあなたの心も技術も成長させて人生そのものも豊かになるでしょう。

それを「転職の向こう側」と呼んでいます。

 

2次面接もライバルに差をつけて結果を出し「転職の向こう側」がより良いものになる。

そんな【成功転職】になることを心から応援しています

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

おすすめ記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

 

-転職・仕事の悩み
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.